2010年10月19日

キラリ☆

20101019002053.jpg

こんばんわ☆黒田です。

最近、やっと秋らしくなってきましたね〜ダッシュ(走り出すさま)

今、女子聖学院は文化祭前で合奏合奏の日々です。。。。。

合唱コンクールとの同時進行で、生徒達は大変だと思います。
が、そんな事は言ってられず、両立出来るよう、頑張るのみですパンチ


そして、Figurは‥‥よく一緒にいます(笑)
こちらも合わせの日々です。

突然ですが、こちら
私の相棒、バリトンSAXexclamation×2

SELMER S/II GL

私の所へ来て、もうちょっとで9年。

SELMERはフランス製の楽器なので、フランス人使用‥と言うか、
キーの幅が広く、手の小さい方は一番下のキーに指が届かない事があります。

私は幸い、手が大きく(可愛らしくない感じ‥笑)
届かない事はないのですが、
それでも下のキーをしっかり押すために、
手に角度が付き横のキーに触れてしまい、
右手の人差し指の付け根(側面)が固くなっています。

そのため、少しでも良いコンディションで吹けるように、
パーツを変えてもらったり、キーの位置を上げたり下げたりと、
自分使用に調整をしてもらっています。

そして、ホールの床に楽器を直につけて、より音を響かせる為、
楽器のお尻の部分に、ペグと言う足を取り付けられるよう、溶接で部品を取り付けてもらっています。

私がバリ吹きになったのは大学1年生のとき。
それまでは吹いた事が無く、最初は苦しいばっかりで大変でしたあせあせ(飛び散る汗)

が、いつしか低音の魅力に引き込まれ、現在に至ります。

何が好きって、音の響き。
「ブゥォーーン」←文字で書くならこんな感じかな。
ソプラノに比べたら、音の数は少ない事が多いですが、
そのぶん、響きを作る重要なポジションにありますひらめき

そして、たまに出てくるメロディーをいかに吹くか。
「バリトンだってメロディー吹いたらステキなんだ!!」
とハリキって吹きます(笑)

私がいつも思っているのは、
《音色を追求する》 事です。

出したい音色により近づくために、
もっともっと追い求めて行かなければなりません。


それにしても、磨きがいがありました。
で、やっぱり重かった‥

でも、キレイになって輝きを取り戻しましたぴかぴか(新しい)

posted by Figur at 03:26| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 黒田裕希 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

音楽。

20101002212007.jpg

こんばんわ☆黒田です。

突然ですが、こちらは私の楽器です。

SELMER S/V GP

私の手元へ来て、かれこれ5〜6年。
中3の時から長年使っていたSELMER S/U GL から、
大きな決断で買い替えました。

GLと言うのは、真鍮で出来た楽器にラッカーがかけられていて、
GPと言うのは、真鍮で出来た楽器に金メッキがかけられています。

昨年、野中貿易のメッキ工場に取材に行き、
金メッキをかける体験をしたのを思い出します目

で、昨日の、練習後、かなり念入りに磨いてみましたぴかぴか(新しい)
普段、そんなに磨かないもので(性格上の問題かと‥‥笑)
やるときは一気に。

綿棒で狭い隙間の汚れから、ネックのSマークの裏まで。
隅から隅までキレイにひらめき

と、言う訳でカメラ撮りました。

大事な大事な相棒なのでキレイにしてあげないとですねグッド(上向き矢印)
今度は、バリトン磨いてみます。。。磨きがいがあるな。。。。


それからもう一つ。
20101003024748.jpg

私の母は、いろいろな事に興味があり
精力的に趣味をこなす人です。
いくつかある趣味の1つに、
「手話手(パー)コーラス」があります。

始めたのはいつだったかな〜
(思い出せないけど 4〜5年前ぐらい?)

年に1回、コンサートをしています。

私達は普段何も考えずに音楽を聴きますが、聴覚に障害のある人がどのように音楽を聴いているのか。

手話で歌詞はわかるとしても、メロディーを聞き取る事はなかなか難しい。そこで、

「身体で聴く、体感音響システム
を、パイオニア株式会社が開発し、音楽会を開いています。

椅子に取り付けられた音響システムに座り、
前のスクリーンに歌詞が映り、曲が流れ、
それに合わせて椅子が振動し、母達が手話で歌います。


音が聞こえない人に、
どのように音楽を伝えるか。



手話コーラスを見るまでは、一度も考えた事がありませんでした。

MCも手話、拍手は手のひらをキラキラ(キラキラ星やるみたいに)、
そして、「お聴き下さい」ではなく「ご覧下さい」と締めくくります。
出演者の表現力が高く、歌詞がとても心に響きます。

初めて見た時、とても感動しました。

私は、音楽を人に届ける演奏家として、
「どのように音楽を伝えるか」と言う大事な事を、
再認識させられたと思います。

音楽は、耳からだけでなく、目や骨や身体を通じて聴く事も出来るのです。

母はとても良い趣味を持ったと思いますひらめき

身内としては、なかなかクスっ(笑)としてしまう事もありますが、
毎年、上手になっていると思います。(←上から目線、笑)

頑張って続けて欲しいです手(パー)

posted by Figur at 02:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒田裕希 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Figur blog

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。